外国人のビザ申請手続き・外国人雇用手続きなら行政書士柏崎幸一法務事務所にお任せ

当事務所の特徴・強み

当事務所の特徴・強み

「たった1つの書類やアピールを加えるだけで、
 ビザの取得が可能となることがあります。」

当事務所で扱った実例

【就労系ビザの案件】

工業デザインを学び日本の専門学校を卒業した韓国人Kさん。
工業デザイナーとして携帯電話等の工業モデル制作会社へ就職し、「人文知識・国際業務」ビザを自分で申請したが不許可となり「留学」からの変更に失敗。
できる限りの資料を集めたが不許可となり、Kさんは半ばあきらめていた。

当事務所にてご相談に来られ再申請を代行

●不許可となった原因

 入管に、オフィスではなく工場で働くと思われた。
 工場で働く単純労働者には「人文知識・国際業務」ビザは下りない。

●対策

 A氏は工場での単純労働者ではなくデザイナーであることをアピール。
 デザイナーとしての就労内容を細かく説明した理由書を作成。
 学生時代のデザイン作品写真などを添付して申請。

●結果

 デザイナーとして、「留学」から「人文知識・国際業務」ビザへの変更に成功


ビザの申請を依頼するときのポイント

外国人が日本で働くには「人文知識・国際業務」ビザや「技術ビザ」など就労系のビザ、配偶者、家族の場合もそれぞれの身分にあったビザが必要となります。しかしながら、入管から、「こうすればビザがとれる」という明確なアドバイスを受けることは難しいのが現状です。

ビザを取得するための基準はあるものの、人それぞれの事情に応じて、必要となる書類やアピールポイントが異なります。

このような事情からビザ取得において、許可・交付が決定されるか、不許可・不交付となってしまうかの判断は、様々なビザ申請を扱ってきた経験からしかわかりません。
これは、どういった書類を用意すれば申請が通るのか、といったことも同じです。

以上のことからビザの申請を依頼するときには、、、

「経験豊かなビザの専門家がその事務所にいるか」

が専門家選びで最も重要なポイントです。


技術ビザ取得の難しさ

 特徴・強み:その1

 【ビザ申請代行の専門家の存在】

・ビザ手続き(外国人雇用手続き)の専門家がいる。
・他の申請代行事務所では専門家がいなく、会社設立事務の片手間や、一人事務所
 が多い。

 特徴・強み:その2

 【専門家の実力・技術力の高さ】

・当事務所の専門家は、10年間にわたり600件のビザ申請を成功に導いてきた。
・前述したように、ビザ申請においては似たケースでも違う結論になる。裁量で判
 断されるところが多いため、経験が最重要。
・他の事務所では、専門家がいたとしても1~2年の経験者であったり、技術を高
 めていないところが多い。

 特徴・強み:その3

 【地理的優位性・対応スピード】

・当事務所は、外国人が多く居住している横浜の官公庁街(横浜市中区)に位置
 し、アクセスの利便性が高い。
・投資経営ビザなどの就労系ビザでは急がれる方も多い中、当事務所では上述のよ
 うに専門でビザ担当がいるため、対応も迅速。

  • 電話の前にこちらをクリックして下さい
  • メールでのお問い合わせフォーム

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional